部族民通信ホームページV4  開設 令和元年7 月7 日 更新3年7月31日 
       部族民通信 ホームサイト 部族民通信ホームサイト2021年令和3年版
     
 
主宰・蕃神義男
(ハカミヨシオ

写真をクリックサイト紹介
ボロロ族酋長 
悲しき熱帯から
人類学神話哲学フランス語修辞レヴィストロース解説      
   ホーム  人類学  神話  哲学  読み物  部族民料理  部族ちゃり  部族民犬

サイト内検索
GoogleEnhanced
Google窓に検索語を入れてサイト内の検索
部族民通信20192019年に投稿した 記事約100編 アラカルト23品 PDF21葉 ロゴをクリック 
部族民通信20202019年に投稿した 記事42、25PDF
部族民通信アラカルトロゴクリック 本筋には関連がないが、知れば理解が深まる。アラカルトと別頁にした。23作(2019年)
動画とPDFチャネルMP4,PDFを収蔵するYoutubeリンクサイトを作成した
(2020年10月2日
サイトの著作権は部族民通信に帰します。連絡はメール tribesman@tribesman.net @を半角に直して連絡を
 PDFパワーポイントで作成した図式をPDFに変換し、一目瞭然で分かり易くしています。PDF26作のまとめ頁。最新は;
族外婚族内婚(5月31日)
歴史と弁証法「2021年4月30日)

Murngin族体系、限定交換
同一般化交換 (7月31日)
  部族民通信2021年令和3年 1月~ 出稿  (現在5題450記事12PDF)     
  2021年 出稿記録 
Murngin族親族体系限定交換 第一部 1 同2 同3 (7月31日)
Murngin族親族体系 第二部 一般化交換 (7月31日)

親族の基本構造1(前文)  同 2 Introduction  (1月31日) 同3近親婚の問題 (2月28日)
同4心理からの解釈  同5近親婚と三高婿の接点 (2月28日) 
同6社会学からの説明上  7 下 (3月15日)
限定交換 上 下 (5月31日)  族外族内婚 上 下(5月31日)
本朝たはけ2000年 上  中   (2月15日)
鏡よ鏡 上、下 (読み物 2021年2月28日)
歴史と弁証法サルトル批判1 同 2 (4月1日) 3、4、5 (4月30日)
親族の基本構造紹介では図式(パワーポイント図をPDFに転換)を活用しています。
PDFクリックでPDFの頁に

族外婚族内婚(5月31日)
歴史と弁証法「2021年4月30日)

Murngin族体系、限定交換
同一般化交換 (7月31日)
各PDF図に直接アクセス
 Murngin族が属すYolunguの母娘 親族の基本構造ムルンギンの親族体系1交換された女の系列が女系半族を形成図、本投稿の男系半族の図をあわせた図となります。これがMurnginの親族体系です。続きを読む (7月31日)
親族の基本構造ムルンギンの親族体系2 女の交換の図、交換された女の系列が女系半族を形成図、本投稿の男系半族の図をあわせた図となります。これがMurnginの親族体系です(7月31日)続きを読む
親族の基本構造ムルンギンの親族体系3こうした機能を有する交換体系を「限定交換」と呼ぶ事としたい。階層の数の多寡はあろうが、この体系は2あるいはその乗数の集団間で働くを意味する(7月31日)続きを読む

親族の基本構造ムルンギンの親族体系一般化交換
「ボクの交差いとこはべっぴんだ。誰にも渡すものか.....」続きを読む(7月31日)
 
Murnginの親族体系解説は本文
 
親族の基本構造
第2版
 Les Structures Elementaires de la Parente親族の基本構造」1 前文親族の基本構造の紹介1としてGooblogに投稿(202118~14日)した文を加筆修正し、ホームサイトに投稿する。目次第一部Nature et Culture 自然と文化 /自然から文化いかにして人が社会、文化を形成したか/近親婚禁止が文化の始まり(以下略) 部族民通信としてこれまで取り上げていない「Les Structures Elementaires de la Parente親族の基本構造」(レヴィストロース著、初版1947年、第21963年)の解説を試みる。(2021131日).....続きを読む (人類学の頁に)
親族の基本構造 2 Introduction
l suffira de rappeler que l’interdiction du marriage entre proches parents peut avoir un champ d’application variable selon la facon dont chaque groupe definie ce qu’il entend par proche parent>(10頁)近親者同士の婚姻を禁止するに他ならないが、「近親者」をどのように定義づけるかは社会制度に規定されているのだが、集団それぞれが異なる範囲を決めていると述べるだけで事足りる...2021131続きを読む
親族の基本構造 3 近親婚の問題
族民であれ文明人にしても、あらゆる人間社会に「近親婚」は存在する。彼は「いかなる婚姻形態(父と娘、母と息子などの)をも認める社会」は存在しているだろうかと自問して「absolument negative」絶対にないと自答している(引用は略)。この事実をして「近親婚」が汎人類的と結論した....2021228続きを読む
親族の基本構造4 心理からの説明の上
人類学的視点からレヴィストロースは心理学説へ反論する。例証として取り上げるのはイトコ婚の実践例である。これに対してフロイトらの母親願望コンプレックスをイトコ婚で否定するのは近親姦淫の次元が異なる、こんな反論が出そうだ。その回答として..2021228続きを読む
親族の基本構造5心理からの説明の下
「三優、優しさ」がトレンドナウなのだそうだ。自宅にとどまる時間が多くなった働き方と関連しているとの分析がある。アグレッシブでマッチョかもしれない三高はオシマイ、優男がモテだした。ブカンコロナは女の心を変えた..2021228続きを読む
親族の基本構造6社会学からの説明上
結婚形態を集団から個人間、ひいては近代的成人同士の合意にまで「進化」する図式を想定していたと読める。するとここでの「集団」とは今様の集団結婚式とは異なり、複数の夫と妻の複数が集団として共有される。ある意味、乱交的カオス結婚の原始かと...続きを読む(3月15日)
親族の基本構造7社会学からの説明下
オーストラリア原住民(アボリジニ)の社会をして、原始時代の形態を残すもの、ひいては人類共通の祖型社会であるとした。彼らは特定の動物を先祖、守護神と仰ぐ「トーテム信仰」をいまも抱き、トーテムそのものが部族の独自性(identite)を...続きを読む(3月15日)


親族の基本構造8 近親婚と限定交換上
交換相手の限定。2の相対集団で実施される。いくつかの相対集団を組み合わせて過程を複層化する例も見られる。決められた相対集団を外れての女交換は有り得ない...続きを読む(5月31日)
親族の基本構造9 近親婚と限定交換下
自然未踏の新天地に文化が課した強制(exigences)とは規則であった。ここに基準点の1(近親婚禁止が文化を形成)の具体的発展が見えている。では系列と同盟の導入は2番目の原点(不等価交換)といかなる関連で重なる
続きを読む(5月31日)

親族の基本構造10 族外族内婚上
女は他家族へ嫁ぐことになる。父権兄弟権なる特権があってもそれを家族内で婚姻の具にしてはならない。これをしてレヴィストロースは「家族内の性的不平等、前引用のl’inegalite…des familles」と伝える。続きを読む(5月31日)
親族の基本構造11 族外族内婚下
この原理がどのようにして部族社会を形成したかを再現する。(これまで投稿したスライドを用います)続きを読む(5月31日)

 
交差イトコ婚の説明PDF
クリックで跳ぶ

 ピカソの母子スケッチ(絵葉書をデジカメ)アンチエディプスコンプレックスとして  
邦訳本青弓社福井和美訳




トーテム信仰、族外婚、近親婚の禁止を唱えたDurkheim


2の系統が相互に女交換を実施するクリック拡大

族外婚族内婚(5月31日))クリックで全葉を確認



2の基準点(近親婚と交換原理)がいかにして部族社会を創生したか
 本書第9章、章題ページ クリック拡大 サルトル批判 全5回 (投稿は2021年4月1日~30日)
歴史と弁証法サルトル批判1 (哲学)
Vueの意味は視野、視界。意を拡大し「見たモノを理解する」。「視野を失うなかれ」としたし「見て理解した内容を忘れるな」に拡大できるかも知れぬ。この句が置かれる文脈とはレヴィストロースとサルトルの思考が深刻に対峙している段落です。両者の違い点に立ち戻って「視野(見たモノ)を続きを読む
 歴史と弁証法サルトル批判2
観念論者のヘーゲルは弁証法の論理展開を観念の中に置いた。マルクス主義者にとって唯物論マルクスはヘーゲル論法を物質の自律運動の説明に取り込んだ。もはや思考は物質の反映でしかない。対立が生じ解決に向かう(弁証法の)工程は基本的には物質の中に起こる続きを読む
歴史と弁証法サルトル批判3
なぜ彼らの歴史進展が遅れているのか。唯物弁証法はかの社会には適応しないのか。疑問は歴史弁証法の信奉者に投げかけられた。 対して「未開社会は文明社会とは異なる」が答え...続きを読む(4月30日)
歴史と弁証法サルトル批判4
サルトルは何をしたか、己の社会(西欧)を他社会から分断し人類学を確立したと言い張るが、それは一種の人類学にすぎない。愚直で荒々しいCogito(知)を個人主義、経験主義に移植すると試みたあげく...続きを読む(4月30日)
歴史と弁証法サルトル批判5

対称物と現実を捻じ曲げている誤謬は、彼の世界観(歴史)でも見て取れる。その誤りの3通りを羅列するが、この記述の繰り回しの場合は、最後の言い分がその主因と読みたい。すなわち<歴史を自己流に解釈する哲学者(サルトル)の歴史...続きを読む(4月30日)
 
Cogito監獄の俘囚のはずのサルトルは自宅でくつろぐ。獄守レヴィストロースの監視がおろそかなのか(写真はネットから)。
  本朝たはけ2000年 上  (読み物)
宿禰が「国のヌサ」を取り大祓を為(し)た。その祝詞が「生き剥ぎ、逆剥ぎ、阿離(あはなち)、溝埋、屎戸(くそへ)、上通下通婚(おやたはけ、こたはけ)、馬婚、牛婚、鶏婚の罪の類の種々(くさぐさ)まぎて」2021131続きを読む 
本朝たはけ2000年 中
家も姪も行為を「罪」と自覚していない。ことの始まりが「新緑の5月」ならばそれが不倫に陰る道理がない。葉影の煌きもまばゆいまでの密通だったろうに。「責められ悩まされている」はずの苦悩から、男も姪も逃避する気配を(2月15日)続きを読む 
本朝たはけ2000年 下

今の人々が感じている「行為」としての罪ではなく、状態としての罪です。例えば畔放ちは畦から水を横溢させるままにしておく(労働を怠る)罪穢と捉えます。すると白人胡久美(ライ、セムシとする)が罪である理由にも納得がいきます。これを因果、祟りなどの「魔術思考」(モノをすぐさま結びつける)とすれば続きを読む(2月15日
     大祓え祝詞(古事記岩波古典文学大系)クリック拡大
 
 
  鏡よ鏡 上 (読み物 2021年2月28日)
他人の顔を浮き上がらせるってやり口なんざぁ容易い芸ですわ。さらに言っておきますが鏡は覗いている本人を反射させている訳ではない。この辺りを人様は誤解しまくりです。鏡の内側には独自の虚構世界が存在している。覗く顔を幾分ねじ曲げて、時にはすっかり変えて映し返すのですわ続きを読む
鏡よ鏡 下 (読み物 2021年2月28日)
この鏡には裏の細工があるかもしれぬ。というのも表側、これが鏡の前で、そのまま現実であり世界となる。人の姿形も生きるままに、姿と像そして光と影の一致、これが宇宙の再現律続きを読む
 ラセミズムは鏡像現象
  本サイトの著作権は部族民通信に帰します。連絡はメール
tribesman@tribesman.net @を半角に直して連絡を
アクセスカウンター アクセスカウンター アクセスカウンター