神話鏡像化のPDF(写真は部分)
23について



この図を読み解くPDFです

スターリンが神になった絡繰りPDF
(令和2年元旦)
近親姦の相関図(裸の男47頁)PDF

2019年10月15日追加PDF
モンマネキと月の嫁神話
パラダイム比較(写真は一部)

PDF
文化を創成する3重三角形
PDFをクリック
 部族民通信ホームページ   開設元年6月10日 更新2020年6月30日
         部族民通信  ホームページに これまで作成したPDF を
ここにまとめた。レヴィストロースの解釈において部族民通信独自解釈(オリジナリティ)も多く、参考、批判の種になるかと。
(19年9月10日 蕃神) 
サイト主宰
蕃神(ハカミ)義男
     PDF のまとめ  (令和元年6月~     
 
 1 神話表現の分節
 PDFをクリック
 神話の構造 生と調理の序曲の要約;
神話表現の分節; 第一段はelements mythiques神話要素である。 人物、動植物、自然、天体現象など。個々の単位に分解できる「存在」です。おのおのにproprietes=所有物の意味ですがその者(物)に特有の属性、がつきまとう。聴衆はその人物名を聞いてすぐに善悪、好悪を判断ができる。特定性格であろう。南米の神話では男性女性に必ずproprietesが備わり
掲載される記事は「生と調理2」(2019年6月)
 2  神話形態の比較
 PDFをクリック
 火の起源神話(M1)とブタの起源神話(M2)の形態
Heteromorphe同質異形にしてIsomorphe異質同形の関係である。
掲載される記事は「生と料理の4」(2019年12月)
 3 信じやすさの機能 
PDFをクリック
 外界事象への反応 信じやすさの機能;
>最後に免疫効果を確かめるために腕を蛇に咬ませた。その蛇は無毒の蛇だった」と打ち明けた。語られている人々の判断、考え方についてレヴィストロースはそれが「ブラジル内陸部に共通」する心情、スターリン神話を追加(12月31日)
掲載される記事信じやすさの機能(6月10日)
 4  基準神話の比較
PDFをクリック
 火の変奏曲
レヴィストロースの手法は神話表現の背後に隠れる「思想」を解明して、思想の振れを比べる処にあります。
掲載される記事生と調理3(2019年9月)
5 歴史と弁証法1
 PDFをクリック
弁証法対分析理性(レヴィストロースによるサルトル批判の3連続PDF)
レヴィストロースは手際よく一年を経ず196110月に出版された野生の思考(La pensee sauvage)の最終第9章にサルトルへの反論を付け加えた。タイトルはHistoire et dialectique=歴史と弁証法=。
掲載される記事サルトル弁証法批判 1(2019年9月)
 6 歴史と弁証法2 
PDFをクリック
社会歴史個人の立ち位置
レヴィストロースとサルトルの哲学思考の差異、特に「智をどのようにして取得するか」を比較した。掲載される記事サルトル弁証法批判 1(2019年9月)
 7 歴史と弁証法3
 PDFをクリック
 歴史とは思想(レヴィストロース)か真理(サルトル)か
掲載される記事サルトル弁証法批判1(2019年9月)
さらにサルトル批判2開けて全文を完読、熟読すれば両者の違いが明確に分かる。
あなたはさらに哲学に親しめる。
 8 偶然か恣意か
PDFをクリック
 Maba蜜蜂の女王の変奏曲
蜜から灰への主題は「自然(獣)から社会(人)への同盟の誘い。それを偶然とするか恣意性を見るかでレヴィストロースと小筆は解釈を分ける。詳しくは掲載される記事蜜から灰へ1
蜜から灰へ 2

 9 食べる罰とは 
PDFをクリック
食事をめぐる罪と罰 意味論からの省察
蜜狂い娘ではその「食べ方」が違反で(なぜなら娘は蜜と性交できないから)蜜の誘惑は比喩、不作法に食べるは反文化の比喩。罰は親族に降りかかり、妻は文化として(焼かれて)本来の意味で食べられる。比喩に起因し本来に帰結する。「バクの誘惑」では誘惑は真であるがこれを食べるに転換して比喩としの食べる罪を妻が置かした。罰を妻に課しそれはバク肉を... 掲載される記事蜜から灰へ1
 10 モンマネキの妻問い、アサワコの失恋
 PDF
をクリック
英雄バイトゴゴ、妻問いモンマネキ、アサワコの失恋
何故、文化はたやすく創成されないのか、火をもたらしたバイトゴゴ(M1神話)は洪水と人々の殲滅を招き、魚を創造したモンマネキ(M354)はインコに変身して人社会から逃げ出す。そしてアサワコの愛は実らず、カヌーで戻るWai..の目に涙 
掲載される記事は
食事作法の起源1 同 2   2019年9月30日
 11 婚姻同盟の距離
 PDF
をクリック
文化・社会の創成はかくも偶然
婚姻同盟の周期、再生産性、天文の周期性(太陽と月の交代)、女の周期性(月経)が無ければ文化は生まれなかった。文化の3重3角形。
掲載される記事は食事作法の起源3   2019年9月30日
 12 文化パラダイム
 PDF
 自然人獣混淆から社会、近親婚族外婚を経て婚姻規則
周期性の模索社会、同盟、行動から天文現象にも
掲載される記事は食事作法の起源3   2019年9月30日
 13 モンマネキと月の嫁
 PDF
南北アメリカ隔たり8000キロTukunaとArapaho族神話は共通。
目的は婚姻同盟の確立 、きっかけは孤立、社会がまだ成り立っていない危機。一方は洪水で村落壊滅、片方は天上での孤立。幾度かの試みは失敗続き、月の嫁神話では同時に例でいずれも結果は失敗、文化維持の脆弱基盤を嘆く
掲載される記事は食事作法の起源の続き1   2019年10月15日
 14  M1神話から月の嫁まで
PDF
 文化創成の道筋を共時因果(analytique)と経時因果
'dialectique)に分けて、パラダイム変換した「神話のグローバル」
部族民通信オリジナル 掲載される記事は食事作法の起源のPDFまとめ  2019年10月15日
パラダイム変換による神話の分析:解説はこちらのPDFにて
 15  数え方の思想
PDF
基本数詞と序列数詞の理念の差。文明人も序列数字の特異点の魔力に犯されている。
掲載される記事  食事作法の起源の続きの2 2019年10月15日
 16 パラダイム変換PDF
決定版
 神話の伝播を神話「思考」の伝達、受容の流れとする。この思考を分析すると(カント主義者として当然ながら)analytiquedialectique(=transcendantal先験の2形態)に分け、それを共時(syntagme)、経時(paradigme)とした。
共時と経時が形成する枠をGlobal(統括)とした。この用語はレヴィストロースから借用している。
掲載される記事は神話から物語へ2に移動。 2019年10月31日
 17 罪と罰 イシスの冒険
PDF
 姉は弟と野営場を設けるべく「太陽を脅して」運行を速めた、天体周期の規則を乱したが罪。その罰は水鳥に化け、首を狩り取られるが罰。双生児にまつわる罪は死んだ母から兄妹を引きずり出した祖母の罪。戒めを破った兄、兄を問いつめた妹の罪、太陽に矢を射かけ、真実を言わしめた。
掲載される記事 裸の男を読む2 に移動。 2019年11月15日
 18  BororoKlamath
族神話の比較
PDF
 末弟をテント奥の地下穴に隠す。姉は実弟を姦する欲望を抑えもしない。弟を引き連れる旅程の途中で露営する。水平婚たわけが発生した。村は姉の火付けで壊滅し、全族民が焼け死んだ。両の神話では社会制度においても否定(罪)、反動(罰)、総括の蠢きをみる。
掲載される記事 裸の男を読む3 に移動。 2019年11月15日
 19  地獄は外か身の内か(2頁)
PDF
 死刑判決に対しては「これであの子(被害者)の霊が浮かばれる」。浮かばれるとは霊が本来住むべきあの世に行ける事を言い表します。あの世に行けない霊は「浮かばれず
掲載される記事  地獄は身の内2 に移動。 2019年11月15日
20   現代の神話スターリン
PDF
「神自身がこのブリヤートの少女を私たちに送ってくれた。彼女を幸せな幼年時代の象徴に仕立てようじゃないか」スターリンとエンゲルシナの写真があらゆる」
掲載される記事
 スターリン神格のねつ造 1 
  同2  2019年12月31日

21
 現代の神話毛沢東
PDF
全国から1000万の兵士が北京に集合、
天安門広場で毛沢東の謁見を受けた。第一回の謁見大会で毛が女闘士から紅衛兵の腕章を受ける写真である。この女性が毛を神の座に導いた。掲載される記事 現代の神話 毛沢東神への祈り(令和2年1月2日)
22  結婚再生産パラダイム
PDF
家庭、社会、制度と段階に分かれるが、そこで「同性婚」が人々の心情、風習と不協和をきしませる背景は「なぜ」か、これを取り上げる。2020年1月31日
掲載される記事同性婚、結婚、世代再生産について
 
23  神話システムの骨格の解読 弁証法とメタ神話
左主題はレヴィストロース著「裸の男」にて2の基準神話「イシスの冒険」「アビ女」を挟み掲載されている。また「食事作法の起源」でも当図は取りざたされている。レヴィストロースの神話論を読み解く鍵とな。「メタ神話」の概念が含まれるので、2組、計4頁のPDFを作製した。
1のPDFは図式の読み方を上下の三角として、上三角を思想すなわち「メタ神話」とし
2は計3頁PDFとなる。PDF三角形の2辺を思考発展(弁証法)の様とした。3頁目に11PDF(文化・社会の創成はかくも偶然PDF、上参照)と比較した。2020年3月31日

掲載される記事は 1のPDF 「裸の男」を読む 続き 上
2のPDFは「裸の男」を読む 続き 中

24  神話の鏡像化
(ラセミスム)
 神話とは基準となる正位の構成(armature)がまず語り継がれ、いずれ逆位の筋立て(これもarmatureの一つ)が、あたかも音楽理論の対位法のごとく、しかるべく位置に創出される。両者はラセミ葡萄酸的な、鏡をはさむ両側、実体にたいする鏡像としての位置関係を形成しPDFクリック

裸の男を読む 続き 下
 25  モノ敷衍の世界観
(野生の思考)
  具体科学は現実reel、動植物、気候、天候、宇宙など、すなわち「モノ」を解析する科学である。それは形状formeへの肉薄に他ならない。思考を巡らせ言葉を用いて世界をモノと見て彼らなりに敷延する。彼らと申したがそれは未開人であるし中世人、近代人でもある。最後者にしてモノ世界を敷延する思考は21世紀においても保持している。PDFのロゴをクリックNEW

野生の思考 LaPenseeSauvageを読む10(最終回)
トーテミズム分類の論理 下 で解説
 続きを読む


をクリックでPDFに飛ぶ


をクリックでPDFに飛ぶ


上の写真のPDFに飛ぶ


(2020年8月15日)