部族民通信ホームページ   開設元年6月10日 投稿2021年4月30日
主宰蕃神(ハカミ)義男        部族民通信  ホームページに  
歴史と弁証法Histoire et Dialectiqueサルトル批判5(最終)  
   全5回(3月19日からGooBlogに10回投稿した同名のブログ稿をHP5回に書き直した)
 歴史と弁証法 サルトル批判 1 (原点を見失うな)  
同2(弁証法は思弁かモノか)   3(思想とは時間地理限定)   
4(Cogitoの俘囚)   
 5(未開人と理工科学院教授) (クリックで跳ぶ) 
本投稿の要旨を5葉のPDF化しています

クリックでPDFに  
   

本稿は2021319日からGooBlogに投稿した歴史と弁証法Histoire et Dialectiqueサルトル批判の本サイト転載版です。Blog投稿時の日付とノンブルが付されています。

前回(第9回)では機能社会学に脱線したが、その理念はサルトルの弁証法とも重なるところがある点と、それをしてレヴィストロースがマリノフスキー機能論を「不足」と評した裏(思考とは何かの提起)を理解してほしい。サルトル批判に戻る;

A force de faire la raison analytique une anticomprehension , Satre en vient souvent a lui refuser toute realite comme partie integrante de l’objet de comprehension. Ce paralogisme est deja apparent dans sa facon d’invoquer une hisotoire dont on a du mal a decouvrir si cette histoire que font les hommes sans le savoir ; ou l’histoire des hommes telle que les historiens la font , en schant ; ou enfin  l’interpretation , par le philoso-phe ,ou de l’histore des historiens.299頁)

>分析理性をして物事を理解出来ない思考とするに急ぐあまり、サルトルは理解対象物と現実をすっかり引き裂いてしまった。この誤謬推理(paralogisme)は歴史についての彼の語り口にもあからさまに聞こえる。それの言い分は全く理解し難いとなっている。それと気付かずに人々が創っている歴史なのか、承知しながら説明する歴史家の歴史なのか、歴史家の歴史を自己流に解釈する哲学者の歴史なのか、いずれかを判定するは困難である。

 

ここでは原点の12の理性と世界観、そしてそれら跛行を述べている。サルトルの弁証法理性を歴史に適用すると;ストライキ、バス停車場などでの直接行動が人々の弁証法理性の発露であるとする。しかしそれは<理解する対象物と現実をすっかり引き裂いている>に過ぎない。対象物とは地理的、経時的に独立している事柄(=anecdote挿話、前出)であり、それを理解するとは<意図(intention)と原則(principe)を生活の律動(rythme)=前出>の中で解釈しなければならない。

この対称物と現実を捻じ曲げている誤謬は、彼の世界観(歴史)でも見て取れる。その誤りの3通りを羅列するが、この記述の繰り回しの場合は、最後の言い分がその主因と読みたい。すなわち<歴史を自己流に解釈する哲学者(サルトル)の歴史>である。勝手解釈(誤謬)をゴリ押しするサルトルの歴史であると。

 

Il croit que son effort de comprehension n’a de chance d’aboutir qu’a la condition d’etre dialectique  ; et il a tort que le rapport , a la pensée indigene, de la connaissance qu’il en a est celui d’une dialectique constitue a une dialectique constituante, reprenant ainsi a son compte, par un detour imprevu, toute les illusion des theoriciens de la mentalite primitive.(同)

彼(サルトル)は己の理解とは弁証法的でなければ進められないと気づいた。そして先住民の思考について、ありったけの知識を持って、構成されている弁証法と構成を担う弁証法という対比に思いついたが、それは先住民の思考方法を幻想しながら解釈する理論家の説を寄せ集めた物に過ぎない。

 

先住民社会とは単周回(ショートサイクル)の弁証法歴史しか持たない(=前出)の出どころを続く文章で明かしている。

Que le sauvage possede des connaisances complexes et soit capable d’analyse et de demonstration lui parait moins supportable encore qu’a un Revy-Bruhl.

先住民には複雑思考を持ち、分析は達者で一端の説明もできるという事実は、彼(サルトル)にとって、あのレビブリュールとやらよりも受け入れがたかった。

レビブリュールはレヴィストロースよりも2世代ほど先の民族学者。白人至上主義の観点から「未開人」劣等説を唱えた。名前にun不定冠詞を被せるのは「軽蔑」の意味が含まれる。レヴィストロースがレビブリュールをいかに判定しているかを語る。

しかしその理論はサルトルの原典「Lacritique....」に引用され、「生半可な弁証法(dialectique constitue)しか展開できない」との結語に行き着く根拠になっている(小筆はサルトル原典を読まないから推測が混じる)

 

Sartre affirmeil va de soi que cette construction n’est pas une pensée : c’est un travail manuel controle par une connaissance synthetique qu’il n’exprime pas. 299頁)

訳の前に。前文でDeacon(民族誌学)のAmbrym族の報告を紹介している。彼の求めに応じた一先住民が砂の上に婚姻制度の仕組みを堂々と、淀みもなく書き上げた事情についてのサルトルの見解、

訳:(先住民の説明ぶりは)思考から発したものではないとは明確だ。彼はそれが何かを表出しないが、総合した一つの知識に統制された作業で、手仕事である。

レヴィストロースはその分析を否定する。

Soit : mais alors , il faudra en dire autant du professeur a l’Ecole Polytechnique faisant une demonstration au tableau , car chaque ethnographe capable de comprehension dialectique est intimement perduade que la situation est exactement la meme dans les deux cas.>299頁)

それならば理工科学院の教授の行動を持ち出さなければならない。黒板に向かって説明を滞りなく書き上げる。弁証法を大事とする民族誌学者にしても、両者(Ambym族民と教授)の行為は全く同じと心の内で思っている。

EcolePolitechniqueはフランス屈指の理工系教育機関。その教授の授業内容と先住民が砂に画く様は同一の水準であるとしている。

何処が同一かとは両者ともに頭の思想を表現しているから。さらにその思想とは彼らが具体的に見ている「現実realite」を理念化した表象に他ならない(この部分は部族民蕃神の解釈)。

この比較は説得力が強い、社会科学系文に幾度か引用されている。

 

歴史と弁証法Histoire et Dialectiqueサルトル批判10了(最終回)(2021412日)

 

本稿の終わりにあたり:本章(Histoire et dialectique)の全体(20頁)のおよそ半分の紹介でした。全文を取り上げない理由には「繰り返し」が読めるため。ただし文章表現での重複ではなく、思考の繰り返しです。その度に前の内容を深化させていくのですが、そこまでは掘り下げないと決めた。出発点となる3の原点を理解すれば全文を理解できます。原点の原点とも言えるのが、サルトルの唯物弁証法への帰依となります。彼自身、あるいは彼の紹介者達はこの事実に触れませんが共産(暴力手段による)革命を達成したソ連、中国、キューバを訪問し、共産党体制を礼賛した事実は隠しようがありません。

共産主義を政治的、経済の立場から批判する陣論は多い。レヴィストロースは本文で理性論から批判した。「モノが思考を支配する」マルクス理論は誤りだと。この論調で実存主義をも葬り去った。サルトルが反論できなかった背景とは、ハリケーンに出会ってしまい、「土台と建屋」を破壊された住処(思考)の惨状を目の辺りにしたからかと推測します。

日本のサルトル紹介者の多くは「レヴィストロースは何も分かっていない」なる反論を展開した(らしい、ネット調べ)。この批判こそ、多くは文学系の彼らが哲学を知らない証です。哲学書を読むとは「理解」ではなく「解釈」です。書に盛られる語句、文言、言い回し、多重否定、関係詩のつながり(フランス語特有)、暗喩換喩の謎を解いて、修辞に隠れる思想をあばく。その解釈に辻褄が合えば文論を読み解いたことになる。サルトルは実は「こう言いたいはず」と文言を金科玉条に化けさせるは哲学書には似合いません。

追:今週には本稿をサイト(www.tribesman.net)に上梓して、書きかけの「親族の基本構造」を19日から取り上げます。春の陽気、皆様にご健勝を祈念します。


Blog投稿時の日付とノンブルが付されています。

歴史と弁証法Histoire et Dialectiqueサルトル批判5最終 了
 
   ページトップに戻る